電話占いトップ > お悩み相談&体験談 >閉ざされた恋

身分の違う年下の男に惚れた。

 

私から見れば社会的地位もあって、収入も多くあって、
私には相応しくないのを知りながら、
私は年上でありながら、近づこうとしている自分も少し怖いかな。

だって私には旦那と子供いながら、
平気で他の人に恋をするぐらいだから、私って厚かましいかしら。

幸せと言えば、幸せ。

でも平凡と言えば、平凡。

そんな生活が多少、
飽きてきて少しは刺激がほしい

そんなわがままも私は承知で、
恋愛体質なのか どうも私はヘンなのかも
だってまだ恋をしたいし平凡もいいけど
少しはハラハラしたい。

二枚目でニヒルで仕事ができて、
素敵な奥さんがいるって なんか憧れる。

若いのに、仕事ができて、友達も多い。

そんな人ってあまり見かけないから、
余計に私は燃え上がる。

誰でもそんな経験をしたいのではないかしら

女って秘密だらけで
まるで海のよう

言いふらされたセリフだけど、
いつの時代でも 女は変わらないものよ

わがままで何でもほしい

でも少しはセンチで
気まぐれ

意中に入れないとどうしても
気が収まらないの

私も少しは
自分の魅力に自身があったり、
心の中にしまっておく

開放感がでるときは
恋に夢中になり

そこはなんの障害もみえない

狙った獲物は逃がさない

嫌な感情かもしれないけど

女の私は女としていつも

輝き続けたい

それは
いつまでも...


つづく

※この作品はフィクションです。

もっと幸せになりたいあなたに電話鑑定 強き二人の愛=実現「ドリームボートアニー」
先頭に戻る

【口コミ電話占いランキング】トップページへ戻る